ぐるり土佐通信局

小規模企業共済とは

個人事業主(および「共同経営者」)または、会社等の役員の方が事業をやめたり、退職した場合に、生活の安定や事業の再建をはかるための資金をあらかじめ準備(積立)しておく共済制度です。掛金を支払う時にも、共済金を受取る時にも税法上のメリットがあります。

 

国が全額出資している、独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しています。

 

【加入できる人】

○常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業の場合は、5人以下)の個人事業主および会社役員

○小規模企業者である個人事業主に属する「共同経営者」(事業主1人につき2人まで)

※「共同経営者」とは、事業主とともに経営に携わっている方で、次の①②をともに満たす方。

①事業の経営において重要な意思決定をしている、または、事業に必要な資金を負担している。

②事業の執行に対する報酬を受けている

○一定規模以下の企業組合、農業組合法人の役員等

 

【掛金】

月額1,000円~70,000円の範囲内(500円きざみ)で自由に選べます。

税法上、全額「小規模企業共済等掛金控除」として、課税対象所得から控除されます。

共同経営者の掛金は、共同経営者の給与所得から控除されます。

 

【共済金】

廃業時、退職時などに受取れます。

例)共同経営者の方は、個人事業主の廃業に伴う退任など

退職金として受取る場合の税法上の取扱は、以下になります。

一括受取 → 「退職所得扱い」

分割受取 → 「公的年金等の雑所得扱い」

 

詳細は、中小企業基盤整備機構へ

http://www.smrj.go.jp/skyosai/


お申込は、最寄りの商工会へ

よさこい市
税について調べる(国税庁)
ふるさと名物
軽減税率制度実施のお知らせ