もっと詳しく商工会

 商工会とは、主として町村における商工業の総合的な改善発達を図ると共に、社会一般の福祉の増進に資することを目的として、法律に基づき設立された「特殊認可法人」です。

 中芸地区商工会は平成18年4月1日をもって旧5町村商工会で町村合併によらず合併した新設商工会です。 

 この度の合併により、会員数300人を越す所帯となりました。今後は、5町村それぞれの会員の地区活動と、連携した協同活動をバランスよく配し、併せて商工会の主要事業である「経営支援事業」を、新たな時代に対応できる仕組みとして、総務部・指導部の2部制とし、総務部の組織運営と指導部の事業実施を効率よくおこなえる体制としました。特に指導事業については、企業重点指導を中心に日ごろの地区担当指導員による巡回相談、或いは税務・記帳・労働保険を中心とする日々の経営相談等、効果的に実施する事を目指しています。

 商工会の組織的役割

  • 商工会会員は会館を活用して各種の集会等が出来ます!
  • 商工会は会員企業の地位向上を図るために意見活動や行政等に対し提言・提案を行ないます!
  • 商工会は会員の為に商工貯蓄共済の加入を推奨しています!
  • 商工会は会員主体の運営を目指します!
  • 商工会会員の会費は全て商工会運営や事業による会員への還元を目指します!
  • 商工会会員と非会員では、手数料が違います!
  • 商工会会員は全国連の「むらからまちから館」への出店が出来ます!
  • 商工会会員どうしの連携や共同事業に参加できます!
  • 青年部や女性部の広域連携による交流の場が出来ます!