共済制度

「保障」「貯蓄」「融資」の3つの特色を組み合わせた商工会会員のための共済制度です。 一口につき月額2000円で、毎月の掛け金から年1回保険料と手数料が差し引かれた残りが貯蓄積立金となり、契約月ごとに、一年定期預金扱いとして管理されます。利息は複利で計算されますので、自己資金が貯蓄されます。

商工会会員のみなさまに、全国商工会が全く新しく開発し、運営する、障害共済制度です。 仕事中はもちろん、交通事故や家庭内など国内・外でのいろいろなケガに幅広く対応しており、商工会の会員とその家族、会員の従業員とその家族、商工会・連合会の役職員とその家族の方がご加入いただけます。 基本モデルの掛け金は職種や年齢、性別に関係なく一律月々2000円。役員・従業員の福利厚生にも適しています。

個人事業主(および「共同経営者」)または、会社等の役員の方が事業をやめたり、退職した場合に、生活の安定や事業の再建をはかるための資金をあらかじめ準備(積立)しておく共済制度です。掛金を支払う時にも、共済金を受取る時にも税法上のメリットがあります。

    →詳しくはこちら