春野ナビ
観光ガイド 宿泊ガイド ネット直販 アクセス リンク
観光マップ春野食楽マップ仁淀川あじさい情報 《HOME
あじさいまつり概要
あじさいまつり基本情報
あじさいウォーク開催要項
あじさい日記(ブログ)
春野・あじさい物語
新・あじさい街道
あじさい情報トップ
初夏、四国霊場三十四番札所種間寺を訪れる人々、
水路沿いを散策する人々の目を楽しませる紫陽花には
藩政時代に水路整備をした野中兼山に対する感謝の気持ちと、
いつまでも美しい春野を守り続けるという
気持ちが込められています。
 
春野のまちを網の目のように整備された用水路。町の人々の暮らしに欠かせないこの用水路を人に愛され、文化の薫る水路にしようと、住民と町が力を合わせて始めた「あじさいの町づくり」。今では町を代表する名所「あじさい街道」として、広く人々に愛されています。6月は田園とのコントラストも美しく、街道沿いに約1万本、町内では2万本のあじさいが、色とりどりの花を咲かせます。
 
 
「あじさい街道」は昭和50年頃、弘岡下老人クラブの花好き4〜5人が10数本のあじさいを植えたことが始まりで、老人クラブの花いっぱい運動へと発展し、花の帯は年を越す毎に長くなり、いつのころからか「あじさい街道」と呼ばれるようになりました。毎年6月の第一日曜日、町内外から多くの人々が訪れ、街道沿いのあじさいの花と、用水路を流れる仁淀川からの清らかな水とのコントラストを楽しみながら「あじさいウォーク」が開催されます  
あじさいウォーク


 
このページのTOPへ
ホームへ戻る