経営セーフティ共済制度

 たとえ自社の経営が順調でも、取引先が倒産したら・・・。中小企業倒産防止共済制度は、取引先事業者の倒産の影響を受けて、中小企業が連鎖倒産する、また、著しい経営難に陥る事態を防止するための制度です。毎月一定の掛金をかけることで、万一取引先が倒産し、売掛金や受取手形などの回収が困難になった場合に、掛金総額の10倍の範囲内で共済金の貸付を受けることができます。毎月の掛金は、5,000円から8,000円までの間で、5,000円刻みで自由に設定。また、税法上損金(法人)または必要経費(個人)に算入できます。

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28