各種共済制度のお問い合わせ、加入手続きは南国市商工会にお任せ下さい。

 

商工貯蓄共済

貯蓄・保障・融資がセットになった共済制度です。

  • 貯蓄部分は高知県商工会連合会のスケールメリットを活かした利率で運用。
  • 保障部分は商工会団体扱いの安い保険料で生命保険に加入。
  • 事業資金や生活資金を低利で調達できます。

※金融機関の審査により、ご希望に添えない場合もあります。

 

自動車共済

西日本自動車共済協同組合の自動車保険に、団体割引扱い(▲22.5% 平成 25年 4月 1日現在)で加入できます。
当会の扱いで、約200台の加入実績があり、安心なサポートと補償が受けられます。

 

全国商工会会員福祉共済 

大切な、商工会員の皆様、だからこそ加入できる特別な制度です。
「けが」「病気」および「がん」に対して充実の補償でサポートします。

 

小規模企業共済

小規模企業共済制度は、小規模企業の個人事業主(共同経営者を含む)または会社等の役員の方が事業をやめられたり、退職されたりした場合に、生活の安定や事業の再建を図るための資金をあらかじめ準備しておく共済制度です。いわば「経営者の退職金制度」といえます。
  • 中小企業基盤整備機構が運営、現在約120万人が加入している制度です。
  • 常時使用する従業員が20人以下(商業・サービス業では5人以下)の個人事業主および会社の役員等などが加入できます。(個人事業主に属する共同経営者2名までも加入可
  • 掛金月額は1,000円~70,000円の範囲内(500円単位)で自由に選べます。
  • 掛金は全額が「小規模企業共済等掛金控除」として、課税所得から控除できます。
  • 共済金は廃業時・退職時に受取れます。満期はありません。

 

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)

経営セーフティ共済は、取引先事業者が倒産し、売掛金債権等が回収困難になった場合に、貸付が受けられる共済制度です。「もしも」のときの資金調達手段として当面の資金繰りをバックアップします。
  • 中小企業基盤整備機構が運営、現在約30万社が加入している制度です。
  • 1年以上引き続き事業を行っている中小企業者が加入できます。
  • 掛金月額は、5千円~20万円の範囲内(5千円単位)で自由に選べます。
  • 掛金は、税法上損金(法人)または必要経費(個人事業)に算入できます。
  • 共済金の貸付は、「無担保・無保証人」「無利子」です。
ただし共済金の貸付を受けますと貸付額の10分の1に相当する額が掛金総額から控除されます。

 

中小企業退職金共済(中退金制度)

中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度です。
中退共制度をご利用になれば、安全・確実・有利で、しかも管理が簡単な退職金制度が手軽に作れます。
  • 新しく中退金制度に加入する事業主および掛金月額を増額する事業主に掛金の一部を国が助成します。
  • 掛金は法人企業の場合は損金、個人企業の場合は必要経費に算入できます。
  • 掛金月額は、従業員ごとに16種類から選択できます(5,000円~30,000円)
※短時間労働者の特例掛金月額もあります(2,000円~4,000円)